嫌なお客さんがいるときの対応

ライブチャットを始める前に知っておくべきことがいくつもあります。そのひとつになるのが、嫌なお客さんによる対応です。これがうまくいかないことによって続けることができなくなり、それは収入を減らすことに繋がりますので対応策について知っておきましょう。

リピーターになる前に切る

チャットレディにとってリピーターは神様とも言える存在です。収入の安定に繋がり、稼いでいる人こそリピーターの数が多いのが特徴です。だからこそリピーターになる前に切ることをおすすめします。

リピーターからの要求は絶対という関係になることを恐れましょう。嫌なこともしないと稼げなくなると、ライブチャット自体が嫌になり、最終的には離れる原因になることも。そうなると必然的に収入が減ることになります。

運営側に通報をする

ライブチャットを運営するサイトには、監視をする体制が整っていることがほとんどです。違法性がある行為を監視する役割になりますが、嫌がらせをするユーザーの遮断を行う権利も持っています。嫌な客が入れば運営に通報して、今後入室できないようにすることもできます。

必ず目にすることになる嫌な客

アダルトはもちろん、ノンアダルトでもそのような客を必ず目にすることになるのがライブチャットです。しかし無理に付き合う必要はありません。自分のことを大切に扱ってくれるユーザーこそ良いお客さんになりますので、そちらに力を注ぐようにしましょう。

ライブチャットだからこそうまく切ることが大切

リピーターの必要性が高いのがライブチャットになりますので、嫌な客がそうなる前に切るようにしましょう。そうすると必然的に選別され、自分が操りやすいお客さんをリピーターにすることに繋がります。

関連する記事